離婚と生命保険

  • 2015.08.17 Monday
  • 07:17
夫婦名義で契約しているものには、生命保険もよくあるパターンです

夫婦型の場合は契約者が夫であれば
妻は自分自身で新たに契約する必要があります。

健康状態によっては難しい場合もありますから早めに確認しておくほうが安心です

離婚後は妻ではないので何かあったとき保障されません

婚姻後の契約なら、解約したときの返戻金は契約者の財産ですので、財産分与、養育費の元手に含めることができます

たまに、夫婦型で妻が契約者の場合があります
妻が保険料を支払っているのに自分の保障がないということになってしまいますので、契約者を夫して渡すか、解約して自分自身の保険を探すことになります

保険の場合は譲渡などが発生することがほとんどありませんが、自分の保険を探すのが案外難しいことが多いです

年齢的に安い保険がない、とか健康状態で断られた、子供のために大きな保障が必要なのに高いなど

公的保障もありますから無理なくでの準備が必要です

本家サイトにもプラン一例載せておりますのでよろしければ参考になさってみてくださいね

離婚時のマイカーあれこれ

  • 2015.07.27 Monday
  • 07:19
マイカーをどちらが引き継ぐのかも離婚前に手続きを済ませておかないと後で困ることが出てきます。

所有者、車検登録などがすべて夫で夫がそのままのるなら問題ありません

何もかも夫の名前になっていて妻が乗る場合、後で名義を変更するときには夫と譲渡の手続きをすることになります

車検の時、自賠責保険のこと、税金、全て元夫の出番が必要になってきます

一番気をつけないといけないのは任意自動車保険で、ファミリー型にしている場合

家族限定の保障にしていれば、その保険のまま離婚した妻がもし事故をしたら保障の対象外です

離婚前に乗る人の名義に変更する
保険も自分で加入し直す
このふたつはきちんとしておくと安心です

ちなみに譲渡の際に必要なものは下記の一覧です

車検証
譲渡証明書(旧所有者の実印が押されているもの)
印鑑証明書(新所有者・旧所有者)
実印
委任状(実印が押されているもの)
車庫証明書(同居の場合は不要)
手数料納付書
申請書
希望番号予約済証(希望番号にしたい方)
500円の登録印紙
自動車税・自動車取得税申告書



離婚と夫婦名義の住宅ローン

  • 2015.07.12 Sunday
  • 18:21
住宅ローンが残ったまま離婚となるといろいろ問題が出てきます

ローン名義も所有権も夫のみで夫がそのまま住むときだけは何の問題もないのですがよくあるパターンは以下の場合です

1ローンも所有権も夫のままで妻と子供がそのまま住む
2ローンは夫だけで名義が夫婦
3ローンの連帯債務に妻、所有権が夫のみ
4ローンも所有権も夫婦

どれも後々トラブルが出てきます

1の場合だと元夫が何らかの事情でローンの支払いが滞ると家は差し押さえられ、妻子は住めなくなります
また、夫が住むこと前提での住宅ローン、減税の適用が出来なくなり、全額返済を求められたり、税金の還付がなくなって元夫が家を手放す可能性も

ローンも所有権も妻に出来れば良いのですが借り入れには審査がありますから名義を変えれない、借り換え出来ないなど出てきます

2はもともと贈与税がまつわるので少ないケースかもですがこれもそのまま住むなら、ローンの支払いが滞ると困ります
ただ、妻が所有権を夫に譲りそこに住まないということにすれば解決出来そうです

3は夫が支払わないと妻にローンの支払い義務が発生します
離婚時に連帯債務を別の人に変えてもらわない限り思いもかけない借金を背負うことになりかねない状況です

4はどちらかがローンを抱えることになるので、新しい保証人や借り換えの状況によってはやはり解決出来ないかも



離婚を考えて、当面は現在の住まいに…となっても必ず解決しておくべき項目です




離婚にまつわる手続き

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 18:33
もしも離婚になってしまった時、離婚届を出す他にもやっておくことって思った以上にたくさん出てきます

専業主婦の方でも、兼業主婦の方でもです
自分のことも、子供のこともどっさり手続き出てきます!
仕事しながらとか仕事探しながら、大変です

昨夜は離婚手続きを始めた知人の質問に答えながら十数年前にの自分を思い出しました

私はほとんど予備知識無く、行き当たりばったりでて続きしたので急に仕事を休むことになってしまったこともありました
しかも、上司以外には内緒で離婚にしたので同僚にも本当のことが言えなかったりで申し訳ない感じでした

知人もひとまず別居はしたものの、離れてると余計に段取り良くいかなくて戸惑っています

旧姓に戻るのか?
子供の名字は?
親権、養育権、監護権って?
年金分割は?
公営住宅は離婚が成立しないと申し込めない?
民間住宅なら保証人は?
仕事を探したいけどまだ旧姓のまま…
夫名義の夫婦の預貯金は?
住宅ローンは?
生命保険は?
車の名義は?
家族型のクレジットカードは?

離婚届を出して子供を自分の戸籍に入れるまで(未成年の子の場合)には家庭裁判所にも行かなくてはいけませんし、だいたい1ヶ月くらいはかかります

そして、夫の協力がないと進まない手続きがありますからこれは後日、書きますね


相談する前に

  • 2014.11.01 Saturday
  • 09:47
離婚の話し合いが上手く行かなかったり、わからないことがあればプロに相談するのがオススメ。

最後は法律のプロは弁護士さんが頼り。

どうやって探しましょう?

役所などにある法テラスだと無料相談ができるし、弁護士会に紹介してもらうなどあります

でもその前に

弁護士さんも得意分野があります。
法律の世界はとても広いし、資格だけあっても…です。

離婚問題の経験が豊富な方でなければ表面的な、事務的な回答しか返ってこなくてガッカリ…よくある話なんです

私が離婚したころはネットもあまり普及してなかったから情報を得るのはちょっとしんどかったけど、今はあの頃に比べると情報量が豊富。

できるだけ自分で情報収集して、役所にも相談行く前にあるていどの法律的な知識を得ておく。

弁護士さん選びも今はブロク開設してる弁護士さんもいるのでいっぱい読んでみて下さい。

これは一例ですが、離婚して6年後に別れた夫名義の持ち家を財産分与として訴訟を起こしたけれど、財産分与の時効は2年。
依頼者はそれを知らなくてローンを組んで弁護士さんに依頼。
もちろん弁護士さんも時効のことは知っていたはず
でも、相談の時点で彼女はそれを教えてはもらっていませんでした。

結果は負けて、弁護士費用のローンだけが残りました。

この方は財産分与についてなんの予備知識もなく弁護士会で教えてもらった弁護士さんを訪ねたのです。

情報を得ておくのと全く知らないとでは大違いですよね。

私も…

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 22:25
さっき、ナイナイアンサーと言う番組で離婚届を書いた時とかの記憶がない。って、芸能人で離婚した方達の座談会?やってました。

それ見てて、あー私もだぁ…って頷いちゃった(笑)

ホントに憶えてない!
離婚届貰いに行ったのも、書いたのも。
一緒に書いたのか別々の日に書いたのかもまーったく記憶にない!

深層心理で憶えてたくないのかな?

離婚あるあるバナシは結構ありますね(笑)

離婚の理由てみんなそれぞれだけど、そのあと頑張った話しとか、シングルママの集いとかやってみたい!

ビックリ話しや感動話しとかいっぱいありそうだもん

いつかそんなのできたらいいな…

離婚のワケ

  • 2014.03.02 Sunday
  • 23:34
私のサイトでは離婚のいきさつも書いていますが、最大の要因は夫の金銭的なこと…でも…

元をただすとちょっと違う…?

私は元夫のことをとても尊敬していて、この人についていきたいって思えたし、この人のいうことは間違いないって信じてた。で結婚した。はず。

それがお金のことで相手を疑うようになって信じられなくなって相手を責めたし、幻滅したな…

夫婦って、男女ってやっぱり信頼関係だと思う。しょうがないなーって思っていても、そこに信頼関係がきちんとできてて絆が強ければ案外大丈夫なんだろーな、なんて今頃思う。

私の場合、よく言えば相手に頼りがいも感じてて、でも裏を返せば依存していたってことでもあったと思う。

離婚したことは後悔してないし、今も同じことがあってもやっぱり離婚だったかもだけど、それでももう少し相手の立場にたって考えられたらそこまで傷つけあうことはなかったかも…とも思う。

お金のことで目先の生活を考えるだけで精一杯だったから自分のホントの心をちゃんと見つめられなかったと思う。

深いところではやっぱり相手への信頼の気持ちが無くなって、尊敬できなくなったコト…だなぁ。


お金だけじゃないよね。浮気とか、姑さんとの確執とか、いろんなこと夫婦で一つの人生生きていくんだから信頼と相手への敬意とか尊敬とか、もっと簡単なことでいうと「思いやり」よね。

今夜の半身浴中ふと考えたことなのでした^^

離活(リカツ)

  • 2009.07.05 Sunday
  • 20:46
さっきネットのニュースで「夫に内緒で離活相談が急増」って出てました。

この不況で、残業が減ったり、リストラで夫との時間が増えた妻が離婚を考え始めているとか・・・。
コレってやっぱり、経済的=お金 で、もめ出すんだと思うのよね・・・。

多分、価値観のズレで生活に一番影響するのがここの部分。

経済的に将来に漠然と不安があるんだけど、そこが夫婦で団結できない。
夫は「この不況、給料が下がったのや、仕事が無くなったのは俺のせいじゃない・・・」っていう思いがどこかにあったり、肩身の狭い立場になって、妻は分かっていても夫についつい・・・みたいな・・・。

そして、どうせ私も働かなくちゃならないのなら、理解しあえない相手と暮らさずに離婚・・・って妻は思うのかも。

でも、私はもし、そういうことで離婚を考えて「離活」するのなら、じっくり時間をかけて欲しい。(身の危険があるなら話は別ですが。)

働いても、養育費を貰うことを前提で考えているのであれば甘いと思うのね。
別れた夫が経済的に養育費を払える立場ならそもそも離婚に至らなかった・・・って言うヒト多いはず。

この先もっと不況で、収入が減れば養育費を払ってもらうのはすごく大変。
もらえても1万円〜3万円。が現状。(あくまでももらえれば・・・です。もらえてないヒトのほうが多いんだもん。)

だから「夫婦」でいる間にいろいろ試してみて欲しいなーと思います。
自分(奥さん)がちょっと視点を変えてみるだけでも、何かが変わって、もしかしたら夫婦の修復も出来るかも・・・って思うから。。。

奥さんもつらいけど、一家の大黒柱だ、って頑張ってきた旦那さんも精神的につらいよね。
どうか、一日も早く雇用情勢が良くなって、経済的に安定した世の中になって欲しい・・・。

ちなみに、ココ最近離婚件数は減少しているらしいです。でもそれは結婚件数が減ってるからなんだって!
安定した仕事に就けなくて結婚できない方たちも多いからですね・・・。

ガンバレニッポングー


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

時計

ブログ村

楽天ショップ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM