支援金・助成金に思うこと

  • 2015.09.01 Tuesday
  • 09:47
今までも、今も低所得、子育て世帯に支援金、助成金などの施策が取られてきました。

私もいくつかの恩恵を受けて助けてもらいました。

でも、全てその場しのぎで終わったことがモヤっとしてます

子供が小さい頃の助成金はなんとか生活が凌げる程度で習い事や塾までの余裕はなかったし、無理をしてもそれが有名私立に行かせるまで続くわけもなく、子供にちゃんと活かせなかったかな

今は何の手当ても福祉制度もなく生活してますが、進学の度にヒヤヒヤ

ハローワークの特定求職者雇用開発助成金みたいに働く人と企業が上手く成り立つような制度がもっと進化してもらえるのが一番いいと思います。

母子家庭の生活はその先の母子の人生が続くわけですし、このご時世、夫婦の世帯でも個人が経済的に自立できる環境が必要だと思うんですよね

子育てと経済的自立の環境が整わないと少子化も進むし、貧困層の低学歴スパイラルも何ひとつ改善されないことは普通のオバサンの私にでもわかります

『お金配ります』だけでなく、働く、育てる、余暇を楽しむの3つが揃わないと経済も回りませんもんね

スマホとか様々な技術が目覚ましく進化してるのに、世の中の仕組みがどんどん退化するのは何故なんでしょうね

勉強会

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 22:20
今日は仕事の後、勉強会に参加してきました


何の勉強会かというと「福祉」です
母子家庭だけでなく、貧困層は負の連鎖からなかなか抜け出せません

生活が苦しければ子供に十分な教育を受けさせることができません
親は朝から晩まで働いていて子供との時間がなく、成績のことも学校生活も把握しにくい

働く環境のことや今年の春から施行された生活困窮者自立支援制度はどうなのか


こんなことを考えたい人の集まりです
今日は何か活動が出来るのか、課題をピックアップするところで終わってしまいました

みんな昼間は仕事を持っていますから多くの時間はとれませんが、同じことを考えてる人が集まるとなんかのパワーが生まれそう!って思いました(笑)

有意義な時間でした

私たちシングルマザーにとっても良い情報があれば共有していきますね

努力?才能?

  • 2013.09.04 Wednesday
  • 22:34
さっき、フジTVの「ホンマでっか?」見てたら、物事がうまくいかないときに 努力が足りなかったって思う人は成長する 才能がなかったって思う人は成長しないってやってた。

でも…

努力が足りないって思う人は「うつ」になりやすくて 才能や運命のせいにするひとは「うつ」なりにくい…だって

なるほどなーって思った。このバランスが大事なんだろな。

自分のせいだと感じる人はストレス強いし、人のせいにする人は自分を正当化できるからストレスになりにくそう。

誰もがこんな場面に出くわすよね。勉強、仕事、恋愛、結婚、子育て…

離婚もそうだよね。 自分の努力が足りなかったのか?ってわが身を責める人 相性が悪かったと割と早くに気持ちを切り替えられる人

子供がいれば私のせいで子供にはお父さんがいない環境にしてしまった。コレ一番辛い…

でも、自分を責めたって元に戻るはずもなく、代わりのお父さんを探しても本当のお父さんの穴埋めもできないよね。

大切なのは『ママ(私)はあなた(子供)と一緒だから幸せ、そしてママと一緒なら大丈夫だからね☆』 ってことを常に発信しあげること、かな^^

子供の気持ちは親が思うよりも大きくて切ない。 パパ、ママそろってて当たり前だっだのがこれからはママと二人。。。 パパがいなくなった悲しみ、ママまでいなくなったら?っていう不安。

そうやってると、子供と自然に歩めるようになる…ウチはそんな風だったかな^^ 今はもう反抗期?なのか、生意気なこともいうけれど、親子の絆は深いぞ!って思えたりするんだなー

でも、ママは特別な努力はいらないって思うし、自分のせいだと思う必要もないと思う そんな風に悩む時間があれば、子供に最高の笑顔を見せてあげて欲しいな。

心の中ではいっぱい泣いていっぱい不安でも子供の前では笑ってみて。

もしダメな日は子供に肩たたきしてもらう…^^ 子供は後ろにいるから顔見せずに済むし、小さな手のぬくもりも感じるから。

HPにも遊びに来てくださいね^^http://www.yarikuri-s.com/

子供を産んだら。。。

  • 2013.07.14 Sunday
  • 20:34
ふと、目に止まった記事での一文。

《女性は子供を産めば誰でも母子家庭になるリスクがある》



結婚を選ばずに産む選択肢もあるから、そういう場合は別として。。。

その通りだなぁって
私もそのリスクは想定してなかった

先進国では、そういうシングルマザーの職業訓練や就職、子育て環境がとても進んでる。
そして日本だけがこんなに遅れてるそうです

実際、ハローワークの訓練制度もまだまだ遅れてると思う。

生活保護で守る制度は必要だけど正しいとは思えないのね。
それを切り離せる世の中にならないと。

国はいつも私達のことはあと回し。。。よね



生活保護、5年ぶり減、だそうです

  • 2013.07.10 Wednesday
  • 21:59
 厚生労働省は10日、4月の全国の生活保護受給世帯が前月から596世帯減って157万8032世帯だったと発表した。受給世帯数が前月を下回るのは2008年4月以来5年ぶり

出処は時事通信より。。。

生活保護受給が増えたのはリーマンショックあたりなので、その痛みも和らいで、多少、
景気も回復の兆しがみえたので新たに受給する世帯が減少してるから。みたいです


このままもっと景気がよくなって、雇用が促進されて欲しい・・・

子供が大きくなって、母子手当がなくなるころ、子供は進学。。。となるとどうなるんだろう?

不安不安。。。

母子家庭の収入・・・

  • 2013.03.30 Saturday
  • 20:13
 昨年のニュースですが、厚生労働省の全国母子家庭調査の結果が、当該HPに出てます。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-katei/boshi-setai_h23/

・・・で、やっぱり気になるのが母子家庭の収入。

働いて得る年間平均収入は平均181万円。1か月あたり約15万円ってことですね

(ちなみに生活保護などを含めた世帯の平均年間収入は291万円。
1か月あたり約24万円。だそうです。。。)


お仕事(15万円)+児童扶養手当全額(子供が一人で約4万円)=
だいたい19万円くらいが平均の所得ってことになります。。。

。。。が、こういう調査の場合、平均ってのは高所得の方〜低所得の方含めての
平均値なので、平均=多数、とは限らないんですよね。

中央値(もっとも対象が多い人数)で出すともう少し少ない気がする。

仮に給与収入が税込15万円としても、社保など引かれると手取りは12〜13万円。
で児童扶養手当足しても月に16〜17万円くらい・・・




子供が小さいときは手がかかるからがっつり仕事はできない。

成長すると働けるけど、支出は増えた収入以上に出ます(・・・と思います)
何より、親も年取ってるから転職難しい。。。です

食費、被服費、学費。小遣いも500円とかじゃ済まないし。。。

おまけに収入増えると手当が減る。。。

なんて感じでどーすりゃいいの?ってすごく感じます。

不景気の中、不正受給なんかもあるから、手当をばらまくのも問題だろうし、
ってのもわかるけどね。

産んだんだから育てるよ。
だけど、日本の未来の担い手でもあるんだからもう少し助けて、
って思うのよね。。。

甘いかもしれないけど。

学力も情緒も伸ばしてやりたいけど、仕事、家事に追われて生活費切り詰めて・・・。
が現実。
ホントにちゃんと子育て出来てるかなぁ。。。

と思う私なのでした

シングルママ、シングルパパ

  • 2013.02.09 Saturday
  • 21:52
 今夜の、「シングル子育て」見ました。

こんなQ&Aありましたよ。〜〜NHKのHPより抜粋〜〜〜

☆大きくなってパパのこと聞かれたらどう答える?

「望まれて生まれてきたんだということをしっかり伝えて」
うそをつかない」「ごまかさいない」の2点はとても大切です。ただし、離別の場合は親同士がいがみあった経緯があったり、相手に対して負の感情もあり、それをどう説明するかが問題です。子どもが小さいときは、何もかも本当のことを言うのが良いとも言い切れません。小さなうちは、パパとママは大人の事情で一緒に住めないけれど、大きくなったら話してあげる、という説明でいいと思います。そのとき、必ず伝えるべきことは、「あなたは望まれて生まれてきたんだ」ということ。パパもあなたが生まれてとても喜んだのよと、これだけはしっかり伝えてください。子どもにとって、自分が生まれてきたことを肯定されるのはとても重要です

・・・こういったやりとりがあれば、「ここに」お父さんはいないけど自分には父親がいるって思えるかな?
そういった「実感」があれば多少は父親を失った「喪失感」も多少和らいで、母子の会話にタブーがなくなるから子供とちゃんと向き合えると思います


ほかには
☆離婚が子供に与える影響は?
☆親の私たちの心が折れそうなときは?

がありました。

時間のあるときにこちらについても載せたいと思います・・・

母子家庭の父の日

  • 2010.06.20 Sunday
  • 19:52
 今日は父の日だったんですね。

子供たちはもう何年も経験しなくなった父の日。。。

スーパーなんかでよく「父の日に絵を描こう」とかってコーナーがありますよね。
そこに貼ってあるみんなのお父さんの絵をまだ幼かった次男がじーっと見ているのを見て、どんな気持ちで見てるんだろう?って切なくなっちゃって、声もかけられなかった記憶があります


学童保育でお父さんの絵を描くときも私の絵を描いてくれました
(ウチの保育園と小学校は父の日のイベントは無かったです、父親参観ってのも無くて、フツーの授業参観として行われていました)

そういえば長男が小4くらいのときに「母の日はいいとして、お母さんはお父さん役もしてるから、父の日もお祝いいる?」ってマジメな顔をして聞いてきたこともあったっけ・・・


次男が「離婚」を理解したくらいからは、父の日には「お父さんの話」をすることが多いです。

今日も、お父さんは優しくて、子供たちのこと大好きだったことや、私が風邪で寝込んでいたら一生懸命看病してくれたこととかの話になりました。

「今頃なにしてるんやろな〜」って・・・。
私ら家族くらいに幸せになってくれてたらいいのにね。・・・って。

ちなみに別に会いたくはないそうです・・・by子供たち&私も^^;

子供は可哀そうじゃない・・・

  • 2010.05.23 Sunday
  • 20:15

 何度か、ココでも書いたかもしれないですが、今日また書きますね。
私は、リコンを推奨する気持ちは無く、最終的に離婚を決めてるけど、辛い気持ちを抱えてる方にメッセージを送りたいのです。


いただくで、多いのが、「離婚を考えているけど、子供が可哀そうで・・・」っていう気持ちがあふれてるもの。
読んでて切なくなります。
私も、一番つらかったし、悩んだからすごくよくわかる。

実際、周りにもそう思われるの。
母子家庭なのね。離婚したのね。お父さんがいなくて可哀そう・・・って。

私だって、子供の友だちの家庭がリコンしたって聞いたら、「○○君、悲しかったやろうなー」って率直に思うもんね。

でも、リコンするまでの家庭環境の方が辛かったりするし、両親の不仲を見てるほうがよっぽど可哀そうとも思う。


これは私が感じたことをそのまま書くので、当てはまらない人もいると思うけど、ちょっと綴ってみようと思います・・・

続きを読む >>

シングルマザーのココロ☆

  • 2009.12.15 Tuesday
  • 21:57
新聞で読みました。

母子家庭で生活保護を受給している世帯のコト。
お仕事ができないから保護を受けているワケですが、その原因で最も多いのが精神状態から来るものだそうです。
「うつ」や「パニック障害」などですね。

離婚ってホント大変で、ましてや養育費をきちんと支払ってもらえる円満離婚なんてまれなケースで、慰謝料、養育費なし、専業主婦またはパートで幼子抱えて・・・となれば精神的ダメージはとても大きいです。
それでも離婚を選択せざるをえなかった・・・

みんな幸せになりたくて結婚するよね。
でも、うまくいかないことだってある。自分たちの身勝手で子供にも可哀そうな思いをさせる結果になった。なんでこんなことになったんだろう・・・?
そうやって自分を責めてしまう。。。

「うつ」は心のカゼ・・・病院に行きましょう☆なんてアピールされているメディア広告も見ますが、それは1人で抱えないで。ってことが言いたい訳で、症状は人それぞれ。決してすぐに治る軽いものばかりではないんです。
母子家庭の生活に終わりはない・・・不安だらけ。
お仕事に就きたくても就けない方もたくさんいます。

たまに手厳しいメールなどいただきますが、私のサイトは頑張ってる人、頑張ろうって思ってる方が元気になる場所でありたい。。。と思っています。

「身勝手」「わがまま」「甘い」って思う方も当然いらっしゃるのも承知です。

でも、ここに来て元気になれた!私も頑張ろう!って少しでも思ってもらえたら嬉しい。
私が離婚するときは孤独で、自分が人生の失敗者のように思ったし、周りの親子連れがうらやましくて、みじめな思いをしたことはホント辛かった。

時間が私を癒してくれて、その途中でサイトに気持ちを載せて、結果、みなさんの思いを知ることができたから「1人じゃない」って元気になれました。

まとまりのない文章で申し訳ないですが、今日は私が思ったことをつらつらと書き綴ってみました。^^

さぁ、週末まであと4日(長っ!)がんばりましょー^^v

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

時計

ブログ村

楽天ショップ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM