Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
時計
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
奨学金とアルバイト
0
    次男は今、奨学金とアルバイトで大学に自宅通学しています。

    進学を決めたとき、バイトで10万円、奨学金は出来るだけ少なく、と考えていたのですがよくよく考えてみると…

    アルバイト代が多くなると扶養控除から外れるやん!という事に気付き…

    アルバイトは月に8万程度にしています。

    なので結局奨学金を多く借りることになりました。

    今の税制だと年収103万円を超えると扶養控除から外れます。
    勤労学生控除より私の扶養に入ってる方が節税効果もあることも次男と調べて分かったことです。

    また、年収130万円を超えると私の健康保険からも外れてしまいます。

    大学生になったらバイトでいっぱい稼ぐ!と意気込んでた次男もこう言った事実が分かるにつれて「えーっ、どうやって学費を工面したらええねん」とがっかりしてました。

    今はやりくりにも慣れた様子で、学費は奨学金、バイトで通学交通費や教科書代、交遊費など全て自分で賄ってくれています。

    なので私が支払っているのは携帯代だけです。(笑)

    もちろんお小遣いもありません。(高校生から渡してないです)

    なかなかよく頑張ってると思います。


    この春から進学、就職でお子様のアルバイトが始まるご家庭もあると思います。
    親の手取りが扶養控除の有無で変わってくることをしっかり調べてから新生活のスタートをされることをオススメします。


    本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
    posted by: りょっこ | 子育て | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    成人式
    0
      今日は成人の日。
      成人式を迎える皆様おめでとうございます。

      そしてウチの次男も無事に成人式を迎えました^ ^


      この子が3歳のときに離婚して、ずーっと親子3人で過ごして来ました。

      子供たちの本心は分かりませんが、私としてはチームワーク抜群の家族だったと思っています。
      今は個々に活動してるので家事も食事もそれぞれ気ままな感じですけど。

      もちろん、何かあったときの結束力は揺るぎないハズ(笑)

      なんだか家族で一番小さくて、一番頼りないのが私になってしまいました(笑)

      元旦那にここまで頑張って育ってくれた息子たちを自慢したい!ってすごーく思った日でした。

      本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
      posted by: りょっこ | 子育て | 15:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
      子供のお友達
      0
        以前にメールでお子様のお友達のことでご相談を受けたことのひとつ

        中学生になってお酒やタバコに手を出すお友達と遊んでいるみたい

        子供であってもお友達のことには口を出してはいけないと思うけど心配


        そうですよね


        やみくもに反対したって聞く耳持たないで親子の関係も悪くなってしまうかも

        うちの次男の周りにもタバコ吸ったり、お酒飲んだり、バイク乗ったりのお友達が数名いました

        みんな良い子なんですよ

        でもやんちゃしたいお年頃です(笑)

        私は子供には喫煙、飲酒、無免許どれも未成年だから法律違反だし、親の私が責任を取ることになること、それは悲しいし、正直、警察沙汰は迷惑です!ってはっきり言いました

        特に無免許で誰かを傷つけたらどれほど相手に大変な迷惑になるかは何度も言いました

        自転車の猛スピード疾走もしかり

        喫煙、飲酒は集団で居て自分だけ手を出していなくても疑われて当然なので自分はやってないは通らないことも言いました

        そして

        どんなお友達と一緒でもいいやん
        だけどあなたが良くない態度になればいいお友達ではないのかな、とお母さんは思うし、あなたが頑張ってる様子が見えればいいお友達と居るんだなって

        お母さんはそうやってあなたを通してその向う側のお友達のことを感じるねんで

        って伝えました

        子供が世間で悪いと言われるお友達のことを褒めれば私も賛同します

        悪いことが耳に入ればあなたが正してあげなさいと教えます

        うちの次男はどうしたかと言うと結局一緒に居ても流されることなく程よい距離で仲間と過ごしていたように思います

        これ結構当たり前っぽく思えますが我が子となると判断が狂ったり、余計なひとことが出たりするんですよね

        高校生ともなるとさらに遊びも行動範囲も広がるのでどれほどイライラしたことか(笑)

        大学生の今は更にスケールアップです

        でも普段私が言ってるこれらのことは頭の片隅はあるようです

        子供も時には周りに流されてしまうことも多々あると思います

        そんな時は子供自身も困っているかも

        それを話してくれるような親子であればどんなお友達でも大丈夫かなぁという気がしています


        本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
        posted by: りょっこ | 子育て | 18:43 | - | - |
        大学生のパソコン
        0
          次男の大学進学が決まったこの春、入学金、授業料の次に大きな出費がパソコンでした!

          必ず必要、とは言われませんが使わないわけにいきません

          学部にもよるかと思いますがウチは必須でした

          学校からの斡旋もありましたが軽量ノートでエクセル、ワードも搭載の他にいくつかのソフトが入っていてなんと15万円!!

          次男専用のパソコンは我が家には無く、もともと買うつもりでしたけど大学に持ち運びできる軽量ノートまでは考えが及んでいませんでした

          それにしても高い!

          ですが、次男が進学した大学は高校のお友達が数名と知り合いの先輩も居て、USBでデータだけ持っていけば大学設置のPCでやり過ごせるよ!との情報が!

          それならば、とDELLとヒューレットパッカードに問い合わせました

          次男が気に入ったのはヒューレットパッカードのノートPCで値段も7万円切りました

          学校斡旋の半分ほどです

          軽量タイプではないけれど、少し前のノートよりは軽いです

          ただ、春は新入生の購入が集中するこたもあり、3週間かかりました

          入学してしばらくは私のPCで課題をこなしてもらうことに

          当初は中高時代に授業でPCを学んでいても大学でとなると知識、キーボード操作が及ばす悪戦苦闘してました

          半年経った今では私より詳しくなって教えてもらう立場になりました(笑)

          早めに準備して慣れさせておけばよかったかなとも感じます

          何かにつけてPCが使えることは強みになりますしね

          そして、学校斡旋のPCでなくても購入したヒューレットパッカードのノートで十分だと次男が申しております



          HP公式オンラインストア

          数量限定!お得なキャンペーンモデルを特別価格で提供!


          本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
          posted by: りょっこ | 子育て | 21:52 | - | - |
          母子だからって関係ない!
          0
            メール質問の内容で良くいただくこと

            子育てでトラブルがあった時、母子家庭だからと自分を責めることはありますか?


            あります!

            1人だから子供に気を使わせたのかな
            遠慮させたかな

            叱りすぎたかな

            思いは尽きません

            でも時は戻せないし、私のあの時の選択は最善であると思える生き方でありたい!

            と気持ちを立て直して言いたいこと半分以下に抑えて子供と話す!

            説教、小言にならないように(笑)

            気持ちを立て直すのには2日くらいかかりますけど(笑)

            うちは男の子2人で私は母親だから余計に可哀想、と何度も思いました

            今も…

            でも最近は同性親子でも異性親子でもそれぞれ一長一短あると多少気持ちが軽くなってます

            今まで子供たちの気持ちを聞いてきて、私が思うほど深刻でないことの方が多かった

            先のことはわからないけど、いつもここに記しているように、子供とどれだけ向き合えるか

            これが子育ての軸だなと思うのです

            親も子も別々の人格だから子育てのにトラブルはつきものだしあって当たり前

            そこに母子家庭だからと責める必要は無い

            だけど母子家庭だから、片親だから仕方ない、と親が思ってしまうのは

            逃げ

            です

            正面からぶつかるばかりでなく、子供の成長とともに距離感を変える必要はあっても心は向き合っているバランスが重要に思います

            うちもまだまだ課題はたくさんあるけどこの思いだけはブレることなくこれからも過ごします

            どんなことがあっても親子は敵対するのではなく、お互いを理解し合って生きていく人生最強のチームですものね!


            本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
            posted by: りょっこ | 子育て | 00:00 | - | - |
            次男に彼女が!
            0
              ここ数ヶ月、次男の行動が怪しくて…
              連絡無く帰りが遅いとか、夜に急にコンビニへ行くとか←帰宅したら外出嫌がる子なのに

              次男は隠し事が出来なくて割と何でもカミングアウトしちゃう性格

              なので私もたいてい本人が話し出すまで待ってます
              言いたいときに言わせると芋づる式でめちゃ話してくれるので(笑)
              今回も、実はな〜と彼女が出来たことを話してくれました

              本人も、これでウソつかずに逢いに行けるわー。と安心したみたい

              初恋から今に至るまで次男の恋バナは可愛らしくて笑えるエピソードがいっぱい^ ^

              朝の遅刻が減ったのも彼女のモーニングコールのお陰と判明!素晴らしい!

              ちなみに私にも早よ彼氏作って残りの人生楽しめと言って来た(笑)
              私はそんなのよりも子供たちとのデートを楽しみたいけどそれもどんどん減るんだろうなぁ

              でも、モテないねん、って悩んでたから私も全力で応援します!

              本家サイト しんぐるマザーのやりくり生活
              posted by: りょっこ | 子育て | 18:24 | - | - |
              合格しました
              0
                次男の大学受験、その後、ですが何とか合格し、この春から大学生になりました

                受験がこんなに親子で大変な思いをするとは想像以上でした
                良くないと分かっていてもついつい小言を言ってしまいますし、言われた本人もキレる
                次男と私の険悪な日がずーっと続いて寝込みそうでした

                最後の最後でやっと合格してからは入学手続きやらでバタバタでしたけど、以前のように仲良く相談しながらの毎日です

                長男は大学にこだわらなかったので最初に不合格の時点で諦めたこともあり、今回の受験で親としての知識不足がたくさん出てきて後悔もあります

                でも、この数ヶ月は親子で貴重な経験ができたし、特に次男にとっては簡単に合格するよりずっと良かったんじゃないかと思います

                仕事しながら受験生抱えて大変だったね、って労ってくれた友達もいましたけど、主婦メインのお母さんは意識が子供に集中するから尚更大変なだろうなって感じます

                私立大学なのでお金も大変ですが、当の本人はさっさと家庭教師のアルバイトを見つけたりとやる気はあるみたい。

                私も息子たちに負けないように頑張ります

                posted by: りょっこ | 子育て | 18:47 | - | - |
                子供の進学資金 の続き
                0
                  高校、大学資金は奨学金制度を利用される方が多いですよね

                  ウチもそうです
                  高校の奨学金は卒業すると、すぐに返済が発生します
                  もし、在学中や失業中であれば猶予を申請できますが返済義務が無くなる訳ではありません

                  なので大学でも奨学金を受けて、高校分を猶予したら、大学卒業後は大変な返済額になります

                  想定しておかないといけないポイントの一つ目ですね


                  二つ目の想定ポイントは大学初年度の費用はまとまった額になるため、奨学金貸与が間に合いません
                  ここで、手持ちが無ければ親が教育ローンで準備、となるわけです
                  ただし、審査がありますから、所得や他のローンの状況によっては借り入れ出来ない場合も考えられます

                  そして、実際に融資を受ける場合、給与所得のある連帯保証人が必要、もしくは保証会社を利用となります

                  連帯保証人を親にお願いする場合、年金生活者は難しいようです
                  他の人に頼みにくければ保証会社の利用、となりますが手数料が差し引かれて融資額が振り込まれます

                  上記のケースは日本政策金融公庫の場合です
                  金融機関により、異なる場合もありますから地元の信用金庫や取引銀行なども合わせて検討されるのがいいかな、と思います


                  三つ目の想定ポイントは、大学の奨学金は無利子、有利子があり、子供の成績によります。これは子供に頑張ってもらうしかないのですが、貸与が承認された場合、親が連帯保証人になります
                  子供が返せなくなると親に返済義務か発生します

                  もし、万一子供が亡くなったり、就業不能な身体状況になった場合は免除の申請ができますが、親に返済能力があると判断されれば申請は認められません

                  子供の奨学金はごく当たり前のように利用されていますがれっきとした借金です
                  しかも将来の仕事も決まっていないのに、です

                  子供と先々のことをよーく話し合って利用しないと後で大変な思いをするかもしれません

                  ウチの子たちものほほんとして借りてますが、社会的な知識と経験は未熟ですから、ここは親がリードし、適切なアドバイスが必要だと思っています
                  posted by: りょっこ | 子育て | 10:54 | - | - |
                  子供の進学資金
                  0
                    日々の生活費でギリギリの中、子供たちの教育費をどうやって工面するのかって不安になりますよね

                    子供が中学生くらいまではなんとかなるし、そのうち考えようって思ってたらさぁ大変??
                    いざ高校、大学(専門学校)となったとき、先延ばしにしてたツケがどーんときます

                    確かになんとかなるにせよ、それが出来なくなる状況も出できます

                    どんなことが想定されるか

                    ひとつずつupして行きますね


                    posted by: りょっこ | 子育て | 08:43 | - | - |
                    ウチの子の場合
                    0
                      子供がおねだりをしたときのことです。

                      次男がまだ小学生のころ
                      流行りのゲーム機が欲しいと言い出しました
                      クリスマスまで待っても買えそうにない金額

                      誰が持ってるん?など話をしていくと、その子の家で遊べるけど、コントローラーが無いから一緒に出来ない、と。

                      なら、コントローラを買えばそれを持って行って2人で遊べる?と持ちかけると目が輝きました(笑)

                      小遣いで買えるね!でも半分出してあげる!

                      で円満解決


                      食べ物イヤイヤもよくあります
                      好き嫌いもですけど、キウイを食べると舌がしびれるとか、本人がいまいちわかってないアレルギー状態とかあるのでこれもよくお話して聞いてあげます

                      無理強いはウチはしません
                      よそのお宅で出されたときどうするかはちゃんと教えますよ


                      反抗期が始まったらとことん話す以外に、本人が話すようになるまで待つ、という忍耐が加わります
                      とくに、父母の役割分担が出来ない母子家庭はふところ大きく構えることも大切なんです

                      そして、機嫌良く話してくれたとき、ピシッと締めることはよくあります(笑)

                      冷戦状態もしょっちゅうです
                      でも、年頃になると子供もいろんなことで頭がパンク状態
                      そこを親が突つくと破裂しますから待つことが必要になるわけです


                      ウチはこんな感じで今まで来ました

                      子供の性格は千差万別
                      正解はないですけど話を聞いてあげるのは本当に大事だなとずーっと感じてますよ
                      posted by: りょっこ | 子育て | 07:33 | - | - |